1

ガチ売れ確実! スズキの新型クロスビーは“5ナンバー版ハスラー”か!?

2018年3月14日 06時00分

昨年12月25日にデビューしたスズキ クロスビー。

[拡大写真]

私、小沢コージがクルマを見た瞬間、「こりゃ売れる!」と確信したのが、そう、スズキの新型コンパクトSUV「クロスビー」。最大のキモは“おっさんキュート”にある。

クロスビーは昨年12月25日にデビューした。そのスタイルは軽自動車で大ヒットを飛ばしたハスラーまんま。ハスラーとは、2013年12月に発表された軽自動車SUVで、予想以上に売れた。すでに累計販売台数は36万台を突破しており、2014年にはRJCカーオブザイヤーを受賞するなど、もはやスズキの“顔”へと成長している。

ハスラーの大ヒットの理由は、そのキュートなデザインと実用性の高さにある。実はプラットフォームが当時のワゴンRだったので室内は広く、燃費はまさかの32・0㎞/リットル! デビュー直後にハスラーのデザイナーを取材したら、「かわいい軽を造る気はなくて、自分たちでも乗りたくなる軽SUVを造ってみただけ」と話していた。取材時、このデザイナーは50代のおっさんだった。それを踏まえてスタイルを見ていたらピンときた。ハスラーはかわいすぎないのだ。フェンダーやライト類の造形には、昔のクロカン4WD的なワイルドっぽさが残っていて、おっさんでも無理なく愛せるキュートさに仕上がっているのだ。

それはクロスビーも同じ。見事にハスラーの魅力が移植されている。肝心のデザインだが、フロントマスクはハスラー譲り。バンパーはいかにも4WDっぽい。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ガチ売れ確実! スズキの新型クロスビーは“5ナンバー版ハスラー”か!?」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    こういうのはこれでもか?ってくらいゴツゴツにしたほうが売れる。例えばホロのジープのトラックタイプみたいな感じで曲面はボンネットのみ スズキならできる日産ではできない

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!