2

「ネットで話題!」は世間の話題ではない――かっぴー&斎藤さんが考える“バズること”の意味

2018年3月14日 08時32分 (2018年3月14日 09時01分 更新)
 ネット広告会社のユニークな人間模様を描いた週刊SPA!連載「バズマン」がこのほどコミックス化を迎えた。単行本化に際して、推薦文を寄せたのは大手IT企業での勤務経験を持つトレンディエンジェルの斎藤さん。職種は違えど、共に追求する笑い、そして、バズることの意味を2人が語り合った!

――IT業界出身であり、転職して成功を収めているという共通点がおふたりにはあります。

斎藤:いやいや、僕が楽天にいたのは実質2年弱、営業部所属のアルバイト。ただ、『バズマン』みたいな、刺激的な毎日だったのは間違いないですね。

かっぴー:おお、興味あります。

斎藤:当時、楽天は東北楽天ゴールデンイーグルスヴィッセル神戸の運営をスタートさせるなど上り調子でした。朝礼にキングカズこと三浦知良選手が来て、急遽、質問大会になったり、景品付きのビンゴしたり、本当にハチャメチャ。三木谷社長も黒光りしてましたもん!

かっぴー:黒光り(笑)。僕は大学卒業後に広告代理店に入り、’14年からウェブ広告代理店の面白法人カヤックに転職。そこで自己紹介代わりに業界の出来事を漫画にしたら、注目されたんです。

斎藤:“面白法人”ってスゴい社名ですよねー。

かっぴー:毎日面白いものをつくり、取引先に提供しなきゃならないのが辛かったですね(笑)。だからお笑い芸人さんは尊敬しているので、単行本化にあたり同じIT業界出身の斎藤さんに推薦文をお願いしたんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    匿名と思い込んでる(ISPは通信を把握可能でしょ)声の大きいネット民の意見はその程度。面と向かっては言えないチキンも多い。選挙のとき虚実がはっきりした。

    2
  • 匿名さん 通報

    「テレビで話題」の方が怪しいだろ

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!