0

「ちょっとは手伝って!」動く夫になってもらうための、賢い妻の振る舞い方

2018年3月14日 15時03分 (2018年3月17日 14時52分 更新)
■動かない夫はどう思っているの?2つの可能性
■察する妻、依頼されたことに応える夫
  • 「長い間一緒にいる夫なら、私がしてほしいことを察してやってくれるだろう。」
  • 「私が家事をしていたら、夫も気付いて動いてくれるかも!」
こんな期待を抱いたことはありませんか?
怒りを通り越してもはや笑うしかない!「#残念な夫」エピソード
それは、女性が相手がしてほしそうなことを察して、相手に依頼されるよりも先に行動しようとする傾向にあるからです。
しかし、それを察してくれない夫は、こう考えている可能性があります。
  • 「長い間一緒にいる妻だから、やってほしいことがあれば言ってくれるだろう。」
  • 「妻は何も言ってこない。ということは、現状に満足しているんだな…!」
これは、男性が親しくなるほど遠慮をしなくなり、やってほしいことはどんどん口に出して伝える傾向にあるためです。つまり、口に出して言わないと気付いてもらえないのです。
■自分がやらなくてもうまくいっているからいいや、と思っている⁉
また、男性は興味のないものに関しては、自分から動こうとしない性質があります。そんな性質から、人がやってくれていることに関して手を出さなくなります。
尽くす女性と一緒にいると”何もしない男”になってしまうのは、何もしなくても問題ない環境に置かれるからなのですね。
逆に、してほしいことをどんどん言われると、「自分がやらなきゃいけない!」という思考に変化していくので、色々と気を回して行動するようになっていきます。
この男性の傾向から、夫に動いてほしい時は相手が気付いてくれることを期待するよりも、どんどん口に出して依頼し、動く環境に変えていく方がオススメです。
「私ばっかり…」という不満が、少しでも和らぎますように。
【原作】織田隼人

関連記事
怒りを通り越してもはや笑うしかない!「#残念な夫」エピソード
【夫婦】「恋愛感情がなくなった」のはいつ? 夫・妻たちにホンネを聞いてみた
【ワンオペ育児】夫の帰りがいつも遅い…先輩ママに聞いた、5つのイライラ対処法
子どもができてからやめた「オンナの習慣」あるある&対策法
【節約】これは便利でマスト! 「酒&業務スーパー」に行ったら絶対買いたい食材&簡単レシピ

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!