20

「新型うつ病」を叩いた人たちの認識不足――「うつ」に関する10の誤解 7・8

2018年4月15日 07時00分 (2018年4月17日 10時41分 更新)

 躁うつ病(双極性障害)を患い、大学を休職、ついには離職に至った與那覇潤さん。このたび 『知性は死なない――平成の鬱をこえて』 を上梓し、詳細に体験を著しました。本書の第2章より、「『うつ』に関する10の誤解」を5回シリーズで公開します。


前回「うつ」に関する10の誤解 5・6


■誤解7 若い人に「新型うつ病」が増えている

「うつ病になりやすい性格は存在するのか」についての学説の歴史が知られないまま、ぽんと世のなかに出て不幸な流行をみたのが、「新型うつ病」をめぐるスキャンダルだったと思います。


 新型うつ病とは、2010年の前後につくられたマスコミによる造語で、「精神科医にさえ理解不能な『新しいうつ病』で、会社に出てこなくなる(おもに若い)社員が増えている」という形で流布された概念です。


 いわく、ふつうはうつ病だと宣告されると「私はそんな病気ではない」と否定するのに、彼らは平気で受け入れる。これまでは「病気になった私が悪い」と自分を責める人が多かったのに、彼らは上司や同僚など他人のせいにする。休職して職場にはいかないくせに、海外旅行のようなたのしいイベントには平気でいく。


――こうした報道のされ方をしたせいで、「それはただのわがままじゃないのか」「ゆとり教育で、若者を甘やかしたからこうなったんだ*」という、猛烈なバッシングをまねくことになりました。


 しかし、そもそも正式な精神医学の用語には「非定型うつ病」というものはあっても、「新型うつ病」はありません。

コメント 20

  • 匿名さん 通報

    新型はウツ病とは別の病名つけてもらいたいよね。自由がいいとか、ガマンできないとか、ただの発達障害じゃん

    25
  • 匿名さん 通報

    叩かれて当然,こういう人のせいで,重篤な鬱病まで肩身の狭い思いをすることになる

    22
  • 匿名さん 通報

    gdgdと長い話の果てに何を言いたいのか終始不明w新型うつはともかく、このライターと同じ職場で働くのは願い下げ。

    19
  • 匿名さん 通報

    患者側の告発記事って、こういう情緒的な記事になっちゃうんだよな。「まともな」医学博士と組んで記事書かないと、ただのエッセーだわ。「私は悪くない」だけじゃ何の意味も無い。

    17
  • 匿名さん 通報

    どうでもいいから、働け!

    16
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!