0

「ゆとり」悲報またか?「アクティブラーニング」のヤバさを知っておこう

2018年4月17日 07時00分

『アクティブラーニング 学校教育の理想と現実』(著:小針 誠)

アクティブラーニングは、最新の学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」と言い換えられている。
これまでの学習は、「受動的・消極的」と批判されることが多かった。いわゆる「詰め込み型教育」というやつだ。グローバル化・ICT化が急速に進行する現代、受動的な態度は望ましくない。アクティブラーニングまたは「主体的・対話的な学び」は急ぎ全国の学校で施行される必要がある──。

たいへんけっこうな考え方である。思わず然り然りと言いたくなる。

だがこれ、すっごく底が浅い考え方なのだ。教育現場を見たこともなく知識もない、シロウトが抱く意見である。それが、この本を読むとよくわかる。

なにより、「主体的・対話的な学び」はまったく新しくない。これは学校教育はじまって以来の悲願と言っていいものであり、これまでも幾度となく提唱され、実行されてきたものである。「グローバル化」という言葉よりずっと古いのだ。

本書は、学校教育の歴史を振り返りつつ、「主体的・対話的で深い学び」がこれまでどう考えられ、どのように取り入れられてきたかを語っている。さらに、これらと昨今の「アクティブラーニング」「主体的・対話的な学び」の相違点はどこかを明確にしている。結果見えてくるのは、「アクティブラーニング」そして「主体的・対話的な学び」が、じつに場当たり的に、ほとんど批判的検討もなく、希望的観測をもとに無反省に取り入れられようとしているという事実だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「ゆとり」悲報またか?「アクティブラーニング」のヤバさを知っておこう」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!