0

『正義のセ』福山雅治の主題歌『失敗学』が「大失敗」と不評

2018年4月20日 19時10分

 4月18日、連続テレビドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)の第2話が放送された。平均視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、初回の11.0%からダウンし、早くも1ケタ台に突入。インターネット上の評価も「批判するほどつまらなくはないけれど、特別におもしろいわけでもない」と、微妙なものとなっている。

 同作は吉高由里子演じる主人公・竹村凜々子が、横浜地方検察庁港南支部で働く新人検事として、不器用ながらもまっすぐに事件と向き合う“痛快お仕事ドラマ”だ。仕事だけではなく、恋愛や家族のことでも時に悩みながら、凜々子が一生懸命に成長していく姿が描かれるという。

 第2話で凜々子は、支部長の梅宮譲(寺脇康文)から初めて殺人事件を任され、張り切っていた。事件の被疑者・町田かれん(財前直見)は、夫の義之(大澄賢也)を殴って死亡させたが、彼女は「夫の暴力から身を守るためだった」として殺意を否認。しかし、凜々子の担当事務官である相原勉(安田顕)は、かれんが19歳の娘・まりあ(矢作穂香)の居場所も把握していないことに違和感を覚える。

 一方、かれんの話を鵜呑みにして同情的だった凜々子も、彼女が夫以外の男性と会っていたとする情報などから、次第に疑念を強めていく。しかし、感情的な凜々子が想像していたよりも、事件の背景は複雑だった……という内容が繰り広げられた。

 吉高にとって『正義のセ』は、昨年1月クールに同枠で放送された『東京タラレバ娘』以来の主演ドラマとなる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『正義のセ』福山雅治の主題歌『失敗学』が「大失敗」と不評」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!