0

南野陽子に「引退危機説」も…年下夫が書類送検

2018年4月23日 21時00分


「おまんら許さんぜよ!」 そんな決めゼリフで人気を博した二代目スケバン刑事が窮地に陥っている。「昨年夏の不倫騒動で株を下げ、降板した初代スケバン刑事・斉藤由貴の代役として、NHK大河ドラマ『西郷どん』に出演中の二代目スケバン刑事、南野陽子(50)に、“引退危機説”がささやかれているんです」(スポーツ紙記者)



■4歳年下の夫が警察沙汰

 1987年の『風林火山』以来、約30年ぶりの大河ドラマ出演となった“ナンノ”に、何があったのか? まさか二代続けての不倫?「問題なのは、11年3月3日に結婚を発表した、南野の夫・K氏。当時、“IT企業の経営者”と報じられました」(前同)



 この4歳年下の夫が、警察沙汰を起こしたという。「現在、夫のK氏は銀座でクリニックを経営していますが、そのクリニックの30代の従業員男性に対して、竹刀で暴行を加えたそうです。ちなみに、K氏は剣道の有段者です」(同)



 被害を受けた男性は全治2週間のケガを負い、被害届を提出。その結果、傷害容疑でK氏は書類送検されることになった。だが、それだけではない。「竹刀での暴力以外にも、従業員男性は1時間正座させられたり、机の下で膝を何度も蹴られたり、傘の先端で胸を突かれたこともあったそうです。しかも、給料は3か月未払い。本当ならば、ひどいですね」(同)



 K氏には、他にも良からぬ情報が噴出している。「K氏は今年1月、医療法人から約9000万円を横領したとして、警視庁赤坂署に業務上横領で告訴状を提出されたんです」(夕刊紙記者)



 これらの話が本当だとしたら、南野の“芸能生命”にも関わりかねない大スキャンダル。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!