0

母が自殺未遂…「幸せになりたい」難病の若者に、江原啓之が届けた言葉

2018年4月23日 21時00分
スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、若者の悩みについてのメッセージを紹介し、江原が“ことば”を届けました。

パーソナリティの江原啓之



◆絶対に幸せになりたい
「僕の親は小学生の頃に離婚をし、母親は自殺未遂を何度も何度もします。そしてお酒を飲むと別人になり、暴言を吐きます。今は入院しています。父親は離婚をした後、すぐに子どもが生まれ、新しい家庭を持っています。その人とは浮気をしていたと、親から聞いています。僕も難病を持っていて、とても大変な思いをしてきました。複雑な家に生まれたのには意味があるのでしょうか。僕はこれから絶対に幸せになりたいです。そして、ずっとご飯を作ってくれている祖母には本当に感謝しています」

◆江原からの“ことば”
「お母さんは、お父さんに裏切られたことがショックだったんですね。依存心がそこにあったのかもしれません。あなたも若くして辛い思いをしたと思う。いろいろな経験をしている者でないとわからないこと。『絶対に幸せになりたいです』と言っておりますが。リスナーさんの中でも反対に思う方もいるかもしれないけれど、この“幸せ”は多分、成果主義だと思う。家庭を持つとか、働いてお金を持つというのも、いずれはちゃんと持てると思う。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「母が自殺未遂…「幸せになりたい」難病の若者に、江原啓之が届けた言葉」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!