0

食器を使いやすく片づけたい!収納の基本

2018年4月26日 18時15分
食器は種類が豊富にあって、買い足していくうちに増え続けてしまいがち。そして次々と詰め込むうちに、使い勝手が悪くなって不満が溜まりやすいのが食器棚。

食卓を豊かに彩ってほしい食器は、機能的に収納していきたいものです。そこで、食器の分け方や奥行きのある食器棚などの基本的な収納アイデアをご紹介します。

■食器収納で大切なこと
■衛生的であること
言うまでもないことですが、食器は清潔な状態で保管するのが第一です。 食器を埃や汚れから守るには扉のついた収納場所が適しています。ガラス製の扉なら飾りながらしまえますが、その際には見た目も考えて整理整頓を忘れないように。

一方で、扉のない棚へカフェ風にしまう家庭も増えています。頻繁に使う食器なら埃をかぶる間もないということと、出し入れがしやすい、そして並んだ食器をインテリアの要素として活かせるという効果もあって人気です。

たとえ扉のついた収納であっても、しばらく使っていない食器にはうっすらと埃がつきやすいもの。時には棚のなかを掃除するというのは、扉があってもなくても実行したい習慣だといえます。

■安全であること 

安全性には2つの意図があって、ひとつは日常の出し入れで食器が傷まないようにすること。そして、弱い地震があっても食器が崩れ落ちてこないことです。

食器をたくさん詰め込んで収納すると、出し入れするときに食器同士をぶつけやすく、高い場所にしまうと手が滑って食器を落として割る可能性が高くなります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!