0

4月29日は「昭和の日」 平成と昭和どちらが「良い時代」だと思うか聞いてみると…

2018年4月29日 10時00分
(paylessimages/iStock/Thinkstock)

4月29日は「昭和の日」。元々昭和天皇の誕生日であり、平成に入ってから「みどりの日」を経て2007年に現在の名称となった。

ご存知の通り、「平成」は2019年4月30日を以って終了する。平成から昭和を回顧できるのは、残りわずかだ。

■昭和と平成どちらが良い時代?昭和を知る世代からよく聞こえてくるのが、「良い時代だった」というセリフ。過去の記憶は賛美されやすいが、「昭和のほうが良かった」という声は、確実に存在している。

その一方で、平成時代は概ね平和だったこと、インターネットなど技術革新で生活が飛躍的に便利になったことから、「平成のほうが良い時代だ」という声も根強い。昭和と平成、一体どちらが「良い時代」と考えられているのだろうか。

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,361名に「昭和と平成どちらが良い時代だと思うか」調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「昭和のほうが良い」と答えた人は全体の43.8%。やはり利便性に富み、日本が戦争に巻き込まれることのなかった平成を推す声が多い。

しかし、年代別で見ると昭和を経験した時間が長い40代以降は、昭和を支持している人が半数を超えるのだ。もちろん、記憶が美化されている部分もあるのだろうが…。

■それぞれのよさが昭和派・平成派それぞれの意見を聞いてみた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!