1

柳瀬元秘書官に自民党からも「不遜」と批判続出…野党の18連休で法案審議に支障

2018年5月16日 19時05分

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 ゴールデンウィーク(GW)も終わり、ようやく国会正常化へ……と思ったら、またまた波乱が待ち受けていました。もちろん、加計学園問題です。

 5月10日に行われた参考人質疑で元首相秘書官の柳瀬唯夫(現・経済産業審議官)さんが愛媛県職員らとの“面会”についてあいまいな答弁を繰り返したことに対して、翌11日に中村時広愛媛県知事が記者会見を開いて反論しました。こんなに素早い対応は異例といえます。

 県としても、しっかり柳瀬さんの名刺を保管していて、すぐに出してきたのは、やはり“特別”な人だからでしょう。この会見によって、週明け14日からの衆参両院予算委員会の集中審議の紛糾が確定し、私たち秘書は卒倒寸前となりました。

●議員も秘書も殺気立っている永田町

 1月22日から始まった第196回国会(常会)の会期は、6月20日までの150日間の予定です。土日を除けば、もう1カ月もありません。

 ようやく「起きた」(野党の審議拒否で審議が開かれないことを「寝ている」と言います)国会では、多くの法案が審議の順番待ちをしています。法案のほとんどは衆議院で審議され可決後に参議院で審議されるため、衆議院での審議日程は実質10日ほどしかありません。このあり得ない状況に、議員も秘書も殺気立っています。

 国会内には、総務・法務・外務などの常任委員会があり、議員は必ずひとつ以上の委員会に所属します。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「柳瀬元秘書官に自民党からも「不遜」と批判続出…野党の18連休で法案審議に支障」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    書類を出さなかったり、加計孝太郎や安倍昭恵の証人喚問に応じない自民党は、嘘つき安倍とその嘘つきを支援する集団だと見なされてもいいといってるようなもんだ。解党するまで嘘つき集団だと後ろ指刺されろ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!