1

『花のち晴れ』、『花男』続編なのに視聴率続落の不測事態!辛らつな批判や不満も続出

2018年5月17日 19時20分 (2018年5月19日 00時30分 更新)

 杉咲花が主演を務める連続テレビドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』(TBS系)の第5話が15日に放送され、平均視聴率は前回から0.3ポイント減の8.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。前回も、その前の回から0.6ポイント下がっており、2週続けての下落となった。

『花より男子』(花男)シリーズの続編という位置付けの本作。セレブの子女が通う英徳学園を舞台に、主人公の江戸川音(杉咲)や道明寺にあこがれる神楽木晴(平野紫耀/King&Prince)、ライバル高校のホープ・馳天馬(中川大志)らが繰り広げる「痛快青春ラブコメディー」を描く。

 この第5話から、飯豊まりえ演じる人気モデル・メグリンこと西留めぐみが本格的に登場した。パーティーでたまたま出会った晴をゲームのキャラクターに重ねて一方的に好きになり、付きまとってしまう女子高校生だ。

 悪い子ではないと思うのだが、初対面の晴の顔をベタベタ両手で触って「どこかで会ったことない?」と問いかけたり、神楽木家に無理やり押しかけて晴の部屋まで入ってきたり、揚げ句の果てには「ついてくんな」と拒否されているのに晴の後をずっと追いかけたりと、やっていることはかなりひどい。男女逆ならとっくに通報されているレベルだ。

 音を勝手に敵視していた真矢愛莉(今田美桜)がすっかり味方になってしまったため、音の新たな恋敵となるべく登場したキャラクターであることは予想できるが、これではまったくいいところがない。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    初めは、違うって思ったけど、今の子に合わせた男の子なんやろうって思う。見始めると面白いよ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!