0

最も怖い病「認知症」。ボケないために今すぐやるべきこと<脳が冴え続ける最強メソッド>

2018年5月17日 09時00分

世界のビジネスエリートたちは、肉体をメンテナンスするのと同じように、脳のケアにも投資を始めています。日本でも昨年、認知症を予防するための脳トレーニングジム「ブレインフィットネス®」の誕生が話題に。5月にはこの脳トレーニングジムのプロデューサー髙山雅行氏と脳科学者の杉浦理砂氏の共著『ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド』も刊行されます。
「最も怖い病」ともいわれる認知症の発症リスクを下げるために、今からできる総合的な予防法とは?書籍の内容の一端をご紹介するコラムシリーズです。

■65歳以上の3人に1人。もはや認知症は他人事ではない時代に

親しい人の顔がわからなくなる、性格が変わる、徘徊する、治療法がない……そんな恐ろしいイメージがつきまとう認知症。自分のアイデンティティをつかさどる脳が変わるというのは、痛みや死への恐怖とはまた種類の違う、未知の恐ろしさです。
昔に比べると今は病気の理解が進み、ケアの態勢も整ってきて、たとえ発症してもその人らしく生きていける方法が模索されていますが、認知症は、できることならかかりたくないと誰もが願う病気でしょう。

日本はこれから超高齢社会を迎えます。2025年には認知症の患者数が700万人に達し、認知症の一歩手前の軽度認知障害(MCI)も合わせると1300万人になると試算されています。65歳以上の3人に1人が認知症か、その予備軍になってしまう時代がもうすぐ来るのです。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!