0

和歌山市・ツタヤ図書館誘致で関係者に出回る“怪文書”の中身ーー談合疑惑はさらにブラック化?

2018年5月24日 11時00分

来年開館予定の和歌山市“ツタヤ図書館”の誘致を巡り、ある疑惑を指摘する告発文書が市民団体の関係者のもとに届いた(写真は海老名市ツタヤ図書館)

[拡大写真]

「これ、表に出ると、犯人捜しが始まるんと違いますか?」

「タレコミ」が世に出た時の組織の怒りを心配する関係者の話を聴きながら、筆者は1枚の「怪文書」に見入っていた。

「和歌山市図書館 指定管理者疑惑について」と題したその文書には、差出人名はない。特定の人物を非難したり、貶(おとし)めたりする言葉もない。その代わりに、淡々と“ある事実”だけが書かれている。

それは、昨年末に和歌山市が行なった市民図書館の指定管理者(運営者)選定に不正があったことを示唆したもので、その経緯が簡潔に書かれていた。

来年完成予定の駅ビルに移転する、その新しい市民図書館の指定管理者にはレンタル大手TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が選ばれた。館内にはスターバックスや蔦屋書店を併設、いわゆる「ツタヤ図書館」誘致が決まったのだが、その選定プロセスがいかに不透明であったか、「CCCありき」ともいえる疑惑について、その経緯をこれまでもリポートしてきた。

その一連の記事では、様々な側面から和歌山市当局とCCCに、日本一の図書館受託会社TRC(図書館流通センター)をも巻き込んだ官製談合の疑惑が浮かび上がっている。

筆者が「怪文書」の存在を知ったのは、4月下旬のこと。その数日前、差出人不明の文書がある市民団体の関係者の元に送られてきたとのことで、ひょんなことから仲介者を通して、その怪文書全文のコピーを入手した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「和歌山市・ツタヤ図書館誘致で関係者に出回る“怪文書”の中身ーー談合疑惑はさらにブラック化?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!