au「ビデオパス」無料お試しを使い倒す 作品充実度や操作性、特典含めてコスパ良し

2018年5月25日 18時40分

ビデオパスは月額606円(以下、すべて税込み価格)で話題の映画やドラマ、アニメなど10,000本の作品をスマートフォンやタブレット、PC、テレビといったマルチデバイスで楽しめる動画見放題(VOD)サービス。現在放送中のドラマの見逃し配信やアニメ作品が充実しており、さらに映画館の鑑賞料金が割引になったり、抽選のプレゼントキャンペーンがあったりとビデオパス限定の豪華な特典があるのも特長だ。ただし、利用できるのはau IDとパスワードをもっているユーザーのみ。筆者はauユーザーということで、30日間のお試し期間にビデオパスを使い倒してみた。結論から言うと、あらゆる面で品質が高く、コスパの良いサービスだった。

入会方法はとても簡単



入会方法はとても簡単で、auのIDとパスワードを入力するだけ。そのほかのサービスと比べると、ビデオパスではauかんたん決済優先で設定されているので、特に追加で登録する情報もなく、非常に楽だ。なお、クレジットカード払いにしたい場合は加入の画面で決済方法を変更することもできる。

無料コンテンツが充実



入会なし、かつ無料で観覧できるコンテンツも充実していた。現在テレビ朝日で放送されている「おっさんずラブ」をはじめとした人気ドラマや「ペルソナ5」や「ウマ娘 プリティーダービー」などのアニメの見逃し配信、アーティストのライブなどのオリジナルコンテンツなども取り揃えている。画質も無料とは思えないくらい綺麗だった。

見放題プランはもっと充実



月額606円で入会できるのが、見放題プランだ。邦画や洋画をはじめ、人気ドラマも全話揃えるなど充実したラインアップ。なかでもアニメ作品は子ども向けの作品から大人も楽しめる作品まで豊富に取り揃えている

例えば、これまでの放送回がほとんど網羅できる"一気見"作品は以下の通り。
・『銀魂』
・『NARUTO』&『BORUTO』
・「銀河英雄伝説」
・劇場版『名探偵コナン』
・『弱虫ペダル』
・映画『アンパンマン』

"一気見"特集が組まれているアニメ一覧


そのほか、現在視聴できる作品タイトルは以下の通りだ。
BLEACH 尸魂界篇/BLEACH 死神代行篇/僕のヒーローアカデミア/東京喰種:re/金田一少年の事件簿/メジャー 第2シリーズ/七つの大罪/かくりよの宿飯/ブラッククローバー/シティーハンター/ポプテピピック/黒子のバスケ(第3期)/おそ松さん/アイドリッシュセブン/刀剣乱舞 -花丸-/Caligula カリギュラ/コードギアス反逆のルルーシュ/Fate/stay night/マギ/スラムダンク/ちはやふる/ハイスクールフリート/干物妹!うまるちゃんR/魔法少女 俺 etc..

このように懐かしいタイトルから、話題の人気作品はもちろん、現在放映中のアニメの見逃し配信もほとんど抑えている。アニメ以外でも、アニソン番組『アニ☆ステ』や、2.5次元ミュージカル『刀剣乱舞』の放送も行っている。

ちなみに、見放題の作品は一部作品を除き、ダウンロードすることも可能。事前にビデオパス専用アプリ内でダウンロードしておけば、通信なしで端末上で再生できる。ダウンロードした作品の視聴期限は、ダウンロード完了後48時間 (一部の作品は24時間)まで、もしくは作品の配信終了期間までのどちらか早い方が適用される。

これだけ作品数があると気になるのは検索機能についてだが、調べてみたところ操作しやすい仕様になっていた。


洋画やTVドラマ、スタジオ別などのジャンルから選べるほか、テーマや年代、ユーザーの評価などで選べる"こだわりリサーチ"も用意。検索窓も設置されているので、自分が見たい作品がすぐに見つけることができる。

作品ごとに課金できる「レンタル」サービスも


ビデオパスには、「レンタル」という機能がある。これは、サービス内にある作品を個別で購入(課金)し、限られた期間のなかで自由に何度でも視聴できるというもの。見放題プランで見ることができない新作映画や見逃したドラマやアニメなどが、「レンタル」に置かれている。

購入はauかんたん決済、もしくはビデオコイン(※)での支払いが可能。レンタル期間・価格は作品により異なる。ラインアップは随時入れ替わりがあるが、新作作品の情報は、ビデオパスnaviを確認すれば分かるので、気になる人は事前にチェックしてもいいだろう。

ここで注意したいのはPC以外のデバイスからレンタルができないということ。専用アプリからは購入はできず、ビデオパスWEBサイトにアクセスし、希望の作品を選び「レンタルする」を押し、作品をレンタルする仕組みだ。PCからレンタル後、iPhoneをはじめ、そのほかのデバイスで観覧できるようになる。
専用アプリ上だとこのように表示される


※ビデオコインについて


ビデオコインとは、ビデオパスでのレンタル作品購入に1コイン=1円分としてつかえる独自ポイントのこと。ビデオパスで配信しているレンタル作品の購入に使用でき、見放題プランに加入していなくても利用できるものだ。貯め方としては、主に3つある。

・見放題プランに加入する
毎月540ポイントが付与される。多くの新作映画が2~3日間540円でレンタルできるので、見放題プランに入っていると月に1本はレンタル作品をポイントで購入できる。

・購入する
auかんたん決済でビデオコインを購入することができる。購入できるコイン数は100コイン、300コイン、600コインの3種類。

・レンタル購入時に還元される
レンタル作品を購入した場合にコインが還元される。還元率は原則0%だが、キャンペーン実施中に還元率が変動することがあるので、詳細はキャンペーンの告知ページをチェックしてほしい。

マイページにも便利な機能が



そのほかの機能として、マイページがある。ここには「再生履歴」や「後で観る」、「お気に入りの人物」というコーナーが設けられている。再生履歴はその名の通り、自分がこれまで見た作品の履歴を表示するものだが、ここに記録された作品の続編は、アプリを開いた際にプッシュ通知としてお知らせしてくれる仕様になっていた。「後で観る」はこのボタンが作品ごとのページに設けられているので、後で見たいと思った作品にチェックをつけておけば、ここに作品が表示されるシステムだ。

そして、お気に入りの人物は作品ごとにある出演者のタブをお気に入り登録しておくと表示されるもので、このボタンを押すと登録した人物が出演している作品をすぐに確認することができる。


大変便利な機能だ。

ビデオパスはユーザーの"わがまま"に応えてくれるサービス


今回紹介した機能のほかに、ビデオパスには「みんなのリクエスト」が設置されている。ビデオパスで観たい作品を気軽にリクエストできるシステムだ。


★映画の割引クーポンやプレゼントキャンペーンなどの会員特典も◎


VODサービス以外の会員特典として、ビデオパスでは、映画の鑑賞料金が割引になるクーポンを用意。TOHOシネマズの全劇場で毎週月曜日に大人料金が1,100円になる"auマンデイ"と、恵比寿ガーデンシネマを除く全国のユナイテッド・シネマ/シネプレックス劇場で毎日使える、大人料金が400円割引される"auシネマ割"が利用できる。

ほかにも、会員限定で応募できるプレゼントキャンペーンも月替わりで行われている。2018年5月は(1)「おっさんずラブ」「未解決の女」の番組特製クリアファイル(2)Chromecast・ネスカフェ ドルチェ グスト ルミオ・ユナイテッド・シネマ/シネプレックス 共通劇場鑑賞券のプレゼントだった。

作品の充実度や会員特典すべて含めて月606円と考えても、かなりコスパの良い動画見放題サービスなのではないかと思う。入会前でも登録されている作品タイトルはすべて確認できるので、どんなラインアップが揃っているのか、気になる人は確認してみてもいいだろう。
(※掲載している情報はすべて2018年5月25日時点のものです)

ビデオパスを30日間無料で試す
<この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています>