0

中国の時代、幕開けか…中国崩壊説は時代遅れ、ついに30年前の改革開放が結実

2018年6月13日 19時55分

 本連載前回記事では、世界で活躍する天才投資家としてジョージ・ソロスに焦点を当てたが、今回はソロス氏とともに「クォンタム・ファンド」を立ち上げ、10年間で4000%を超える驚異的なリターンを実現したジム・ロジャーズ氏を取り上げたい。

 ロジャーズ氏は米ニューヨークのウォール街では伝説的な人物であり、37歳で現役引退した後、冒険家として活躍中だ。バイクによる初の世界6大陸横断、ベンツでの世界116カ国走破は、いずれもギネスブックに認定されているほど。自らの経験を元に、各国の長期的な経済成長の流れを読み、投資に活かす手法を編み出し、「冒険投資家」の道を歩んでいる。実に行動力あふれるヘッジファンドのヒーローといえよう。

 そんな先読みの天才投資家だが、こと日本や中国の未来についてはジョージ・ソロス氏と似た点もあれば、まったく異なる点もあり、実に興味深い限りである。小生の質問に対してロジャーズ氏は次のように答えている。

「日本はまだ豊かです。しかし、将来は中国の時代になるでしょう。これは歴史のサイクルです。中国は長い歴史のなかで、世界に覇をとなえた時もあれば、植民地化された時もあります。成功と失敗の両極端を歩んできた国です。19世紀後半から20世紀は、中国にとって悲惨な時代でした。今、その流れが大きく変わろうとしているのです。これから中国は豊かになるでしょう。間違いありません」

 要は、かつてフランスの皇帝ナポレオンが「中国は眠れる巨人で、目覚めれば世界を震撼させる」と予言したように、1978年に鄧小平が蒔いた改革開放政策の種が実を結ぶ時期が近づいているというわけだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「中国の時代、幕開けか…中国崩壊説は時代遅れ、ついに30年前の改革開放が結実」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!