1

「真相究明」「再発防止」を掲げる「オウム事件真相究明の会」への大いなる違和感

2018年6月14日 19時10分

 どんなに卑劣な悪党であっても、その身内が“死刑は避けてほしい”と願うのは、責められない。多少常軌を逸したことを言っても、それが本人の心情の吐露である限り、違和感があったとして聞かなかったフリをしてあげるのが人情というものだろう。

 そのため、オウム真理教の教祖麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の三女が、本を出したり、マスコミに出たり、はたまた被害者の会のイベントにまでやってきて、父親の精神状態の異常を語り、「真実」を語らせるために死刑執行を回避し治療をするよう訴えたことなどについて、私は発言を控えてきた。ただし、被害者の会での振る舞いには、傷つき、心乱された被害者がいることは付記しておきたい。

 しかし、著名な文化人らがうちそろって、彼女の主張を代弁するような活動を始めたと聞けば、やはり座視できない。ましてや、複数のジャーナリストが、その呼びかけ人や賛同人となり、事実をないがしろにした発信をしているとなると、さすがに黙っているわけにはいかない。

 というわけで、今回は「オウム事件真相究明の会」と名乗るグループが行った記者会見を取り上げる。

 彼らの主張は、

(1)麻原が内心を語っていないので「真相」は明らかになっていない
(3)麻原が真相を語らなかった理由は、精神に変調をきたしたから
(3)控訴審で事実の審理を行わずに控訴棄却とした裁判所が悪い
(4)「治療」して麻原に「真相」を語らせよう

 というものだ。

「「真相究明」「再発防止」を掲げる「オウム事件真相究明の会」への大いなる違和感」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    裁判に費やした時間・費用と法が定めた適正手続を経たかどうかは別問題です。本来なら一審の段階で麻原の訴訟能力の有無が疑われるべきで、裁判所は公判停止し職権で訴訟能力の有無について精神鑑定を行うべきでした

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!