0

加熱式たばこの分煙容認 東京五輪での施行目指す

2018年6月14日 06時19分

 喫煙者にとってはさらなる悲報になるだろうか。東京都は2018年6月5日、受動喫煙防止条例を発表した。従業員を雇っている飲食店では原則全面禁煙とし、煙が遮断できる喫煙専用室を設置している飲食店のみ、そこでの喫煙が可能になる。ただしこれは紙巻きたばこに限定されており、電子たばこのうち加熱式たばこに関しては、当分の間専用の喫煙席を設けることで飲食をしながらの喫煙が可能になる。


 厚生労働省も18年1月に健康増進法改正原案を示したが、東京都の条例案はさらに厳しい内容だ。国が規模の大きい飲食店を原則禁煙としているのに対し、東京都の条例案では従業員がいる飲食店すべてで専用の喫煙専用室以外での喫煙が禁止される。従業員のいる店舗は東京都内の84パーセントに上り、ほとんどの店舗で原則禁煙となる。加えて保育所や幼稚園、小中学校、高校でも国の基準では屋外の喫煙場所の設置が可能なのに対し、東京都の条例案では屋外であっても喫煙所の設置はできなくなる。


 東京都がここまで厳しい条例案を出す理由が20年に予定されている東京オリンピックだ。国際オリンピック委員会(IOC)は世界保健機関(WHO)との合意により、五輪から煙草を排除する努力を重ねてきた。その結果現在では五輪開催都市の飲食店やホテルが屋内全面禁煙になることが珍しくなくなったのだ。国の基準では面積が100平方メートル以下かつ個人または5000万円以下の資本金の事業者は例外とされていたが、東京都の条例案では従業員がいる飲食店すべてが対象となることでより実効性を高めたうえで、20年の東京オリンピックまでに段階的に施行したい考えだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「加熱式たばこの分煙容認 東京五輪での施行目指す」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!