0

お金を貯めるには「レシートの金額ではなく、店名を見ましょう」

2018年6月14日 06時00分
そもそも使わなければお金は貯まります」

そこで、松崎さんが支出を減らす方法を伝授。

「レシートの金額をチェックしている人は多いと思いますが、一度どの店のものが多いかをチェックしてみてください」

使った金額ではなく、店名に注目してみると、近所のコンビニやドラッグストアなど、同じお店のものが複数枚出てくるはず……。

「よく行くお店や頻度を確認して、物理的にその店に行かないことで、出費を減らすことができます。毎日スーパーに行く主婦なら、週1日減らすだけで1,000円分は浮くかもしれません。それができれば、年5万円も減らせる計算です」

よくやりがちな、「割安」「お買い得」につられた買い物も落とし穴になりがちだ。

「割引クーポンが使える、3品セットで買うと10%オフといった“お得”は要注意ワードです。値引き額より余計に買っている予定外の支払いのほうが多いのでは。まとめ買いで安くなったと思っていても、たくさんあると節約しようという気が薄れます。たとえば、大量にトイレットペーパーがあった場合、どんどん使ってしまいますよね。まとめ買いは、あればあるほど使ってしまったり、使い切れなかったりしてしまうだけ。適量を買うことがムダ遣いを防ぐんです」

年を重ねると、自然と減る支出もあるという。

「人生でもっとも支出が多くなるのは、子どもが大学在学中です。出産の年齢によりますが、多くの場合は50代で子どもが大学を卒業し、授業料などの教育費が激減します。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「お金を貯めるには「レシートの金額ではなく、店名を見ましょう」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!