新潟知事選の惜敗バネに反自公陣営の結束を -植草一秀

2018年6月14日 00時55分
植草一秀[経済評論家]

* * *

6月10日に投票日を迎えた新潟県知事選で野党統一候補の池田千賀子氏が敗北した。勝利したのは自公が支援した花角英世氏。開票結果は以下の通り。

 <新潟県知事選確定得票>
 【当】546,670:花角英世(無新)
509,568:池田千賀子(無新)
45,628:安中 聡(無新)

安中聡氏は原発廃止などを訴えた。池田千賀子氏の得票と安中聡氏の得票を合わせると花角氏の得票を上回る。原発反対票を分断するために安中氏が擁立されたのだと考えられる。極めて残念な結果になった。
選挙においては何よりも結果が重要だ。「安倍政治を許さない!」と考え、「原発稼働を許さない」と考える主権者にとっては痛恨の結果になったが、ここで悲嘆していては明日への展望を開くことができなくなる。

敗因を分析して、次の勝利に向けての活動を直ちに始動させなければならない。投票率は58.25%で前回選挙の53.05%を上回った。投票率の上昇は反自公の候補者に有利に作用すると考えられるが、池田候補の主張が十分に新潟の主権者に浸透しなかったのだと考えられる。

他方、花角氏は原発再稼働を主張していない。原発が争点になることを回避するために「あいまい戦術」を採用したのであり、このことを踏まえれば、新知事が柏崎原発の稼働に突き進むことは許されない。

今後の焦点は自民党総裁選に移る。自民党内で安倍晋三氏の総裁三選を許さない動きが広がれば、安倍首相が衆院の解散総選挙に打って出る可能性がある。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。