0

坂上忍が涙、あさま山荘事件「鉄球作戦は失敗」の衝撃告白

2018年6月14日 00時00分


 6月7日放送の『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)で、46年前に起きた“あさま山荘事件”について、これまで語られることがなかった奇跡の救出劇の舞台裏が明らかになり、MCを務める俳優の坂上忍(51)が涙する場面が見られた。



 今回の放送は、1972年2月19日から2月28日にかけて長野県佐久郡軽井沢の浅間山荘で、連合赤軍のメンバー5人が管理人の妻を人質にとって立てこもった“あさま山荘事件”を特集。坂上は長野市の重機運搬会社、白田組を訪れ、クレーン車から鉄球をぶつけ、山荘の壁を破壊する“鉄球作戦”を実行した白田弘行さん(80)に直撃取材を行った。



 当時、34歳だった白田さんは、長野県警からの「建物を解体するクレーン車と鉄球をお持ちですか?」「7メートル離れた建物が壊せますか?」という質問の電話で、「これは山荘を潰すんだな」とピンときたという。当初の警察からの依頼は、車両と鉄球の貸し出しと、山荘近くまでクレーン車が入るかの下見だった。しかし、警察官にクレーン車の操作方法を教えても、覚えるのが大変だったため、「なんとか運転をお願いできないかと言われた」と、警察官に代わって民間人の白田さんに、クレーン車の運転の要請があったと明かした。



 そして、10日間に及ぶ攻防戦をVTRで再現した後、作戦中、警察官たちが狙撃されて亡くなったことに、白田さんは「(警察官を狙う)銃口のあるところに鉄球を、1発でも2発でもぶつけさせてくれれば、向こうから反撃はなかったと思います。

「坂上忍が涙、あさま山荘事件「鉄球作戦は失敗」の衝撃告白」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!