0

失業率から漏れた「働けない人=ミッシングワーカー」、103万人の悲惨な実態

2018年6月15日 00時05分

 総務省の労働力調査によれば、今年4月の完全失業率は2.5%。リーマンショック直後の2009年7月に記録した5.5%と比べて半分以下になった。完全失業者数も、この間、364万人から180万人へと激減している。

 一人当たりの求人数を表す有効求人倍率も昨年から常時1.5倍を超えていることからすれば、国内の雇用情勢は空前の活況を呈していることになる。

 そんななか、6月2日に放映されたテレビ番組NHKスペシャル ミッシングワーカー 働くことをあきらめて…』が大きな話題を呼んだ。

 親の介護や転職をきっかけに心身を病み、長期間働けない状況に陥ってしまった労働者にスポットを当てたドキュメンタリーだ。同番組によれば、求職活動をしていないため雇用統計上の「失業者」に反映されない状態=ミッシングワーカーは、103万人にも上るという。

 そのような人たちを統計に含めれば、実際の失業率はもっと大きな数値となるはずで、我々の生活実感にも近づく。ミッシングワーカーの実態は、わが国におけるセーフティーネットの脆弱さを、改めて浮き彫りにしたといえる。

 今回は、2017年12月27日付本連載記事『雇用保険、給付金を大幅削減で積立金6兆円に膨張…失業者にカネを払わない日本の失業保険』に続いて、日本のセーフティーネットについて考えてみたい。

●雇用保険を受給できず、生活保護でかろうじて生活

 筆者が1年ほど前から継続して相談にのっていたKさん(30代男性)から、このようなメールを受け取った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「失業率から漏れた「働けない人=ミッシングワーカー」、103万人の悲惨な実態」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!