東京にはない豊かな生活。旅行業から一転、39歳で農家になった男

2018年6月19日 08時00分

37.5歳の人生スナップ Vol.6
もうすぐ人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。鬱屈した思いを抱えているなら、彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。

「37.5歳の人生スナップ」を最初から読む


夏は毎朝4時半に起床。農業中心の生活に至るまで

真鍋 豪さん(45歳)の夏の1日は、朝4時半に始まる。夏は夜明けと重なる時間帯だが、まだひんやりと澄んだ空気の中で、野菜の植え付け、収穫などの作業を黙々とこなす。昼休みをはさんで、介護している母がデイサービスから戻る17時頃まで、野菜づくりを続ける。

家に戻っても仕事は終わらない。収穫物の出荷準備を夜中まで行うこともざらで、労働時間は1日15時間以上。冬場の休みや雨天時を除けば、基本的には毎日、農業中心の生活だ。農作業で上腕の筋肉はたくましく盛り上がり、肌は浅黒く日焼けしている。

真鍋さんは、神奈川県相模原市の青根で少量多品種の「真鍋流農園」を営んでいる。農薬や化学肥料をいっさい使用しない有機農業だ。

真鍋さんが暮らす青根は、山梨県との県境に位置し、標高400メートル前後の山間部に広がる山里だ。静かな集落の人口はおよそ500人程度。付近にはキツネや鹿はおろか、熊まで出現する。

「一番近いスーパーでも、車で20分かかります。東京だったらありえませんよね? でも、慣れっていうのはおそろしいもので、今では別に不便とも感じない」(真鍋さん、以下同)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。