1

『高嶺の花』石原さとみと峯田の朝食シーンに涙が止まらない…今年連ドラで一番の感動

2018年7月13日 04時45分

 今クールの連続テレビドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第1話が11日、放送された。

 華道の名門「月島流」本家の令嬢、もも(石原さとみ)はある日、自転車を飛ばして公園に向かい、到着して吉池(三浦貴大)を見つけると、笑顔で手を振る。デートの待ち合わせかと思いきや、そこに一人の若い女性が現れ、吉池の元に駆け寄る。怪訝な顔をする吉池。笑顔を失ったももの元に2人の警官が近寄ってきて、警察署に連行される。

 実は半年前、ももは吉池との結婚式当日、吉池から浮気相手を妊娠させてしまったと告げられ、結婚が破談になっていたのだが、吉池のことが忘れられないももは、吉池につきまとい行為を繰り返していたのだった。

 警察から釈放されたももは、再び自転車に乗って帰宅途中、向かいから来た自転車を避けようとして川に落ちてしまう。泥だらけになったももは、とある商店街で見つけた「サイクルショップ・カザマ」に壊れた自転車を持ち込み、修理を依頼し、店主の風間直人峯田和伸)にぶっきらぼうに着替えの服を貸してくれとお願いし、服を借りてそのまま帰宅する。

 結婚破談のショックでほぼ引きこもり状態のももを心配した、父親で月島流家元の市松(小日向文世)はももを呼び出し、「別の相手を見つけることはできないか? 新しい恋をしてみるんだ。深く心が傷ついたんだ。リハビリテーションだよ」とアドバイスする。ももがその提案をバカにすると、市松は「優しければ誰でもいい。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『高嶺の花』石原さとみと峯田の朝食シーンに涙が止まらない…今年連ドラで一番の感動」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    あれはホントいいシーン

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!