16

40代社員は苦難の連続!? 10年後に待ち受ける高い壁とは

2018年7月16日 08時32分
 年金の支給開始年齢の引き上げをにらんで、サラリーマンの定年が60歳から65歳へと引き上げられる過渡期にある現在。しかし、ほんの30年ほど前までは「55歳定年」が主流だった。そんな「55歳」というボーダーラインは、今日では見えざる壁となって現役サラリーマンの前に立ちふさがっている。例えば、サラリーマンは55歳を超えると会社から“戦力外”扱いされるという話もあり、実際SPA!で55~60歳の男性にアンケートを行ったところ(回答者数3018人)、58.9%が「55歳を境に人生が“下り坂”になった」と回答していのだ。

◆今の45歳を待ち受ける、10年後の高い壁とは……?

 今の45歳が55歳になったときに直面する“10年後の壁”は、どのようになっているのだろうか?

「今の45歳は団塊ジュニア世代のど真ん中であり、企業において最も社員数が多い世代。さらに問題は、そのすぐ上にバブル世代がいることで、会社にとってはお荷物であるシニア社員が“詰まっている”状態。当然ながら、今の55歳が直面している役職定年や常時リストラといった“壁”は、より高いものになるでしょう」(ライフデザインアドバイザーの木村勝氏)

 さらに、10年後には「年金支給開始が70歳近くになる」という事情も絡んでくる。

「これに伴い、法律が改正されて『65歳定年制』になるでしょう。現状より5年後ろ倒しになるわけで、となれば再雇用制によって企業は70歳まで社員の面倒を見なくてはなりません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「40代社員は苦難の連続!? 10年後に待ち受ける高い壁とは」のコメント一覧 16

  • 匿名さん 通報

    業種にもよるが、人手不足になっている状態で、55歳以上を辞めさせている余裕があるのか。優秀な新卒がいれば良いが、殆どはすぐには役に立たない。

    10
  • 匿名さん 通報

    AIにとってかわられる仕事は、そもそも若い社員もいらないのでは。

    8
  • 匿名さん 通報

    よくわかってない人ほど、二言目には「AI」って言いたがるよね。

    7
  • 匿名さん 通報

    55才から65才そして70才に移行しようとしてるくせに企業は50以上はお荷物。このねじれを解決しないまま今まで来てしまった。リストラは加速し年金の代わりに生活保護が膨れ上がる。

    6
  • 匿名さん 通報

    自力で稼がないと収入の当てはないのは、どの年齢も一緒。少子でもう若者贔屓は不要。氷河期世代は非正規で社会保障がない人も多い。年齢で切ってたらホームレスだらけになるな。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!