これはイイ! 都会派サイクリストに贈る究極の街スペックバイク

2018年7月17日 08時00分

街の中を颯爽と走る自転車。ライフスタイルの変化だったり、エコの観点だったり、さまざまな理由でよく見かけるようになった。

ただ、一口に自転車といっても、その性能は千差万別。都会を走るには、それに適した仕様がある。今回紹介するのは、それをとことん突き詰めた“究極”のストリートバイク。

それが、日本発のバイクメーカーがリリースした「ROCKBIKES GREED(ロックバイクス グリード)」だ。

ROCKBIKES GREED 11万9880円/ロックバイクス

ロックバイクスは、海外の一流メーカーで製品開発に長く携わっていたプロフェッショナルがスタートさせた、日本生まれのブランド。

同ブランドが重要視するのは、都市生活で最高のパフォーマンスを発揮する車体づくりで、「物質的にも精神的にも朽ちない、普遍的な格好良さを持つバイク」をクリエイトし続けている。

そんなロックバイクスの製品ラインナップのなかでも、こちらの「グリード」は特殊な性格を持つモデル。

タイヤは都会ならではの段差や振動に配慮して、エアボリュームの多い規格を採用。荒天時にも安定したブレーキ性能を誇る、最新の油圧ディスクブレーキシステムが組み込まれている。

これらの最新パーツに、古くからバイクフレームの素材として使われているクロモリ鋼を組み合わせたのがまたニクい。最新の軽量素材に比べればやや重いが、独特の優しい乗り味が生まれ、荒れた路面も苦にならない。

また、クイックネス重視のハンドリング設計、鋭いレスポンスのブレーキが、ストップ&ゴーの多い都会で活躍してくれる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。