0

毒島誠が勝って万舟券! SGオーシャンカップは大激戦

2018年7月17日 23時00分


 16日、ボートレース若松ナイターにてSG(スペシャルグレード)オーシャンカップの優勝戦が行われた。前日の準優勝戦では、第9R312=7930円(田村隆信選手1着)、第10R321=1万940円(毒島誠選手1着)、第11R235=4万9630円(丸岡正典選手1着)と、3レースとも1号艇が敗れるという大混戦。そんな中、優勝戦で頂点に立ったのは毒島誠選手(登録番号4238 92期 群馬支部 1984年1月8日生まれ 162センチ B型)。2コースからトップスタートでマクリを決め、昨年11月の下関チャレンジカップに続く、ナイターレースでのSG優勝となった。



 2着争いも激烈! 第1ターンマーク以降、吉田拡郎選手、田村隆信選手、土屋智則選手が競り合う。そこから吉田選手が抜け出して2着、田村選手3着。3連単245=1万6480円の万舟券決着だった。



 毒島選手は、優勝インタビューで今の気持ちを聞かれると、「多分、僕が一番ビックリしてます。ピット離れ失敗してしまったんでちょっと焦ったんですけど、その分スタートが慎重にいけました。本体が仕上がったので、ものすごく冷静にレースできたと思います。これからもいいレースを届けられるように精一杯頑張りますので、ボートレースを応援よろしくお願いします」




【7月16日 若松第12R優勝戦】

1着(2)毒島 誠 2コース.13

2着(4)吉田拡郎 4コース.18

3着(5)土屋智則 5コース.13

4着(3)田村隆信 3コース.19

5着(6)石野貴之 6コース.21

6着(1)丸岡正典 1コース.17

3連単1万6480円

※着 号艇 選手 進入 スタート







 ちなみにこの優勝戦、私も毒島選手を買っていた。吉田選手も絡めており、第1マークで2と4がきた瞬間、「ヨッシャ~!」と声が出かかったが、ありゃ…1号艇が飛んでしまった。まあしかし、悪くない賭け方だと思う。夏場の舟券の難しさを痛感したものの、見ごたえのあるレースだった。毒島選手、優勝おめでとうございます!

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「毒島誠が勝って万舟券! SGオーシャンカップは大激戦」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!