1

田舎のおじいちゃん・おばあちゃんはすごい!? 秋田県北のあるあるとは?

2018年7月18日 17時00分
“田舎”と聞いて何をイメージしますか? 田園が広がる自然豊かな風景や、鳥や虫の音、おばあちゃん、おじいちゃんの家が浮かぶ人が多いのではないでしょうか。
7月17日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」に、秋田県北に在中のリスナーから『田舎あるあるを聞いて欲しい』というメッセージが届きました。パーソナリティのあしざわ校長ととーやま教頭が、実際に電話をかけて聞いてみたところ、非常に地域が限定された“あるある”を披露してくれました。



【あるある1:すごく雨が降っていて傘も持っているのに、登下校で傘を差さない先輩が多い】

あしざわ校長:え? 何で? これは昔からなの?

リスナー:謎ですよね。気づいたらそうでした。周りが差していないので、私も差しにくいです。親も「何で差してないの?」って……。

あしざわ校長:じゃあ、いつ差すの?

リスナー:分からないです……(笑)。

とーやま教頭:傘としての機能を果たしてないですね(笑)。

あしざわ校長:もしかしたら、「傘ってなんだろう?」って思いながら持ってる可能性あるよね(笑)。

【あるある2:冬にはものすごく雪が降るのに、コートを着ないで登下校する人が多い】

あしざわ校長:登下校の様子がずっとおかしいな(笑)。雨が降っても傘は差さないし、コートも着ないし。だって寒いよね?

リスナー:むちゃくちゃ寒いです。

とーやま教頭:それは学生だけ?

リスナー:学生だけです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「田舎のおじいちゃん・おばあちゃんはすごい!? 秋田県北のあるあるとは?」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    周りに人工物のない田舎だと雨も風景の1つなんです。身体が濡れるのは理解してるけど、ありのままの状態をなんとなく壊したくないって思ってしまうのです。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!