0

18年度最新版!ファーストフード株主優待ランキング

2018年7月19日 21時40分

■18年度最新版!ファーストフード株主優待ランキング
時間がないときに短時間で食事できたり、価格が安くてお財布が助かったりと、現代人にはファースフードはとてもありがたい存在ですよね。最近は味や健康面で気を遣ったメニューなども登場してきており、愛好されている方も多いのではないかと思います。かくいう私も牛丼が大好きでよく行きます。

そして、ファーストフードの株主優待は意外と多いのです。ファーストフードを良く利用する方には、お得に利用できるファーストフードの株主優待は非常に魅力的だと思います! そこで今回は、株主優待+配当の利回りランキングで、最上位のファーストフードの株主優待はどこかを見てみたいと思います。今回は利回りの観点に加え、店舗数の多さや使いやすさなど総合的な観点からガイドが3銘柄を選出しました。

※株主優待は額面通りの評価となっています(一部ガイドが推定)。予想配当+予想優待売却利回りはあくまでも参考としてご覧下さい(2018年7月4日の終値で試算しております)

それでは、第3位から順にご紹介していきましょう。

■第3位 日本マクドナルドホールディングス(東証ジャスダック<2702>)
予想配当+予想優待額面利回り:2.3%

【2018年7月4日株価】 5480円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=54万8000円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 30円
【株主優待権利確定月】 6月、12月
【優待内容】優待食事券
100株以上 1冊
300株以上 3冊
500株以上 5冊
※バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品引換券が6枚ずつで1冊

第3位は日本マクドナルドホールディングス(東証ジャスダック<2702>)です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「18年度最新版!ファーストフード株主優待ランキング」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!