0

ご飯はいつから食べてよい?虫歯・親知らずの抜歯後の注意点

2018年7月20日 17時45分

■抜歯後の食事や入浴はどうすればよい?
虫歯や親知らずなどの抜歯後、食事やお風呂など細かなことが気になることはよくあるもの。今回は抜歯前に知っておくと安心な、抜歯後の注意点や疑問について解説します。

■抜歯当日の注意点……抜歯後の食事・痛み・入浴・飲酒
■麻酔が切れるのは1~3時間後
歯の麻酔は、一般的に1~3時間程度で切れてくることがほとんど。痛み止めの服用を勧められた場合は、この間に飲むのがよいでしょう。

■食事は出血が止まってから
抜歯後出血が完全に止まっていれば、30分後程度で可能。ただし2つの点に注意。

●麻酔のため温度感覚が麻痺するので、食べ物の温度には要注意。
●麻痺しているので頬の内側の肉を噛んでしまうことがあります。少し意識しながらゆっくりと食べるようにしましょう。

■食べ物が抜歯の穴に入るリスク
抜歯の際、歯ぐきを縫い合わせないこともあります。この場合黒っぽいジェル状の固まりが穴の奥に出来るので、これが飛び出さないように注意しましょう。もし食べ物が穴に落ちたように見えても、あまり気にせず、口を軽くゆすぐ程度にすると良いでしょう。

■抜歯後の喫煙、飲酒は当日は控える
出血が止まりにくくなったり、傷の治りが遅くなる恐れがあるので、できれば抜歯当日の喫煙や飲酒は控えた方が無難です。

■抜歯後のお風呂はシャワー程度で
抜歯当日は、体が温まると血行が良くなり出血しやすいので長湯は禁物。シャワー程度で。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ご飯はいつから食べてよい?虫歯・親知らずの抜歯後の注意点」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!