0

地味にスゴいぞ、村田製作所は。 常に世界の最先端技術を支え続ける会社の秘密

2018年7月21日 00時50分

 4月下旬以降、村田製作所の株価が上昇基調で推移している。従来、多くのアナリストが、村田製作所の事業ポートフォリオがスマートフォン関連の部材に集中しているため、変化への対応が難しいと考えてきた。しかし、同社は自社のテクノロジーを活かし、自動車という“新しい供給先”を開拓することで成長を目指している。その期待が株価上昇を支えている。同社が事業ポートフォリオを分散して収益源を多角化するか、強みとなるテクノロジーの供給先(需要源)を開拓して成長を遂げるかは、実に興味深い。

 一概に、収益の多角化が是であり、それが進んでいないことを非と論じることはできないはずだ。当たり前だが、収益源の多角化には、新規の事業を育成しなければならない。それには、時間とコストがかかる。多角化に経営資源を再配分した結果、「メトロサーク」など主力分野でのイノベーションに割かれる資源が手薄になることもある。村田製作所がIT先端分野での競争力を磨き、より多くの業種、企業からの需要を獲得し、持続的な成長を目指すことを期待したい。

●iPhoneのヒットに支えられた村田製作所
 
 過去6年間程度の株価の推移を見ると、村田製作所の株価は350%を超える上昇を遂げている。同期間、東証一部に上場する企業全体の、平均的な株価の動向を示す東証株価指数(TOPIX)の上昇率は120%程度だった。市場平均と同程度の株価上昇率を記録している企業には、トヨタ自動車などがある。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「地味にスゴいぞ、村田製作所は。 常に世界の最先端技術を支え続ける会社の秘密」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!