0

巨大クーリッシュ“冷気噴射マシーン”が登場

2018年7月21日 12時08分
気温35度以上の猛暑日となる地域が続出する中、7月21日、東京・お台場ダイバーシティ東京に、人々を一瞬で氷点下の世界へ導いてくれる“救世主”が登場した。マイナス8度の冷却ガス(CO2 ガス)を噴射する巨大な冷気噴射マシーン「クーリッシュシャワー」だ。

その他の大きな画像はこちら



この「クーリッシュシャワー」は、ロッテのアイス「クーリッシュ」のプロモーション活動の一環として設置されたもの。音声に連動して冷気を噴射する、商品名認識型冷気噴射マシーンで、人々が発する「クーリッシュ!」の声を認識するとマイナス8度の温度同等の冷却ガスを噴射。冷却ガスは発せられた声の長さや大きさによって噴射のされ方が変化し、レベルマックス時には胴体が前方にガクンと傾き、冷気を直接“叫び手”に噴射する。口の部分から真っ白なスモークが勢いよく吹き出す様は見ものだ。

このイベントを企画した北村考志氏(ロッテノベーション本部 ブランド戦略担当 アイス企画課 主査)は「小さいお子様に『クーリッシュ』のファンになっていただきたいという思いがまずあり、『クーリッシュ』は冷涼感を楽しめる商品で、夏は暑いので、何か面白おかしく冷涼感を体感できるイベントをということで企画しました」と狙いを明かし、今後も“楽しいイベント”を通じてアイスの魅力、美味しさを発信していきたいと希望を述べた。

「クーリッシュシャワー」体験イベントは今後7月29日に「新宿モア4番街」、8月5日に「二子玉川ライズ」でも開催予定。当日はマシーンの体験に加え、「クーリッシュ」も無料配布される(1日約3,000個)。

なお、YouTubeのロッテクーリッシュ公式チャンネルでは「クーリッシュシャワー」のイメージムービーを公開中だ。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20180750384.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「巨大クーリッシュ“冷気噴射マシーン”が登場」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!