2

SNSで話題の「悪魔のおにぎり」、実践者続々。「ほんとにうまい危険...」「2合あっという間」

2018年7月22日 12時45分

夜食に食べるにはカロリーが気になるけど、美味しすぎてついつい食べてしまう――そんな理由から「悪魔のおにぎり」と名付けられたおにぎりが、いまSNS上で話題を呼んでいます。

「まごうことなき悪魔ぶり」

「悪魔のおにぎり」は、2018年6月30日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で、史上初の「南極ママさん料理人」となった第57次南極地域観測隊の渡貫淳子さんが紹介したもの。

南極では水が非常に貴重であり、またゴミや残り汁が出ない工夫も必要であることから、生ゴミが出ないように別の料理にリメイクすることが多いそう。「悪魔のおにぎり」もそんなリメイクレシピのひとつで、夜食として大人気だったといいます。

材料は余ったごはん、天かす、天つゆ、青のり。

これらをすべて混ぜ合わせ、適当なサイズににぎるだけで完成です。

試食した出演者からも、

「おいしい~!このおにぎり」
「天かすの食感も楽しいです。サクッとして」
「これちょっとやってみたいです」

などと好評を博しました。

興味をそそられるネーミングと簡単なアレンジが注目を集め、SNS上ではさっそく実践してみる人が続出。

「これはほんとにうまい危険...」
「まごうことなき悪魔ぶりでびっくりしてる。おいしい」
「これ本当に美味しい。ただ炭水化物に天かすを足すという恐ろしい魔物...」
「マジで美味すぎて2合あっという間に食べました」
「悪魔のおにぎり、半端ないって!笑笑」
「青のりの風味とめんつゆを吸った天かすの旨み、時々来るサクサクした食感、たまらんな」

上記の材料にプラスして、刻みネギや紅ショウガ、ごま油、鰹節、大葉などを混ぜる人もみられました。

ぱぱっと手軽に作れるので小腹が空いた時などに試してみては? 食欲が落ちがちなこの時季にもぴったりですよ。

続きは「東京バーゲンマニア」へ

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「SNSで話題の「悪魔のおにぎり」、実践者続々。「ほんとにうまい危険...」「2合あっという間」」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    前から偽天丼として食ってる

    1
  • 匿名さん 通報

    銀魂のアレかと思いました

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!