0

38歳、貯金75万円。奨学金返済のため副業を2つ。疲労困ぱいです……

2018年8月10日 22時20分

■貯蓄、奨学金の返済、生活費などのバランスがわかりません
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、奨学金返済のため、本業の他に家庭教師のアルバイトと夜間勤務を掛け持ちで行っている38歳の会社員女性。しかし、その結果、疲れが蓄積し、身体的にもつらいとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

▼相談者みかんさん(仮名)
女性/会社員/38歳
九州/賃貸住宅

▼家族構成一人暮らし

▼相談内容学生時代の奨学金の返済が続いています。昨年どうにかアルバイトを追加して100万円程度を返済。今年中には完済したいが、車検も控えているので手持ちもないのも困る。夜勤のバイトだったり、短時間だが拘束される家庭教師は身体的負担も多く、どのタイミングで辞めるかも悩んでいます。奨学金が返済し終えたら辞めようと思っています。月3万円の貯蓄は車購入のために頑張っています。欲張りかもしれないけど、音楽のライブなど趣味も削りたくないのでバイトも辞められないのが現状です。貯蓄・返済・手持ちのバランスをどうしていいか分からないのでご相談しました。

▼家計収支データ


▼家計収支データ補足(1)ボーナスの使いみち(昨年例)
奨学金返済(繰上返済)37万円、自動車コスト13万円、旅行8万円、生活用品購入6万円、貯蓄8万円、雑費(寺へのお布施)2万円、他

(2)加入保険の保障内容
・本人/傷害保険(65歳払い済み、事故死亡500万円、事故入院5000円)=毎月の保険料2700円
・本人/個人年金保険(60歳で10年確定、年金額45万円)=毎月の保険料1万円
(※)5年前に病気で手術し、以来、医療保険に加入できず。

「38歳、貯金75万円。奨学金返済のため副業を2つ。疲労困ぱいです……」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!