0

「そうめん×缶詰」は最高のソリューション。缶詰博士に最強コンビを聞いてきた

2018年8月10日 21時00分

夏と言えば、飽きるほど食べることになるそうめんですが、様々なつゆを試してもそうめんがマンネリ化したときは、ぜひ缶詰を活用してみてください。そうめんと同様に注目されており、種類豊富で調理も楽チン。そのなかから「そうめんに合う」という傑作を缶詰博士に聞きました。

【紹介してくれた人】

缶詰博士

黒川勇人さん

50か国以上の缶詰を食した世界一の缶詰通。「レジェンド缶詰究極の逸品36」など著書も多数あります。


共通点が多いそうめんと缶詰、相棒になるのはある意味当然

前項で、多彩な味わいのつゆがそうめんのマンネリ防止になることに触れました。しかし欲をいえば具があったほうがいいし、アレンジもしたいところ。これを解決するのが缶詰です。味がしっかりついているから、具とつゆの両方を兼ねてくれます。

そこで缶詰博士の黒川勇人さんに話を聞くと、ここ数年、缶詰もそうめん同様、人気が急上しているらしいです。その理由は?

「食の多様化によって、バリエーションが増えたことが大きいです。たとえばタイカレーやアヒージョなど、これほど海外の料理を缶詰にしている国は日本だけです」

黒川さんは、ご当地系が注目を集めたこともポイントだと言います。

「ネットの影響ですね。地方の特産品だった缶詰が全国デビューしたり、珍しい郷土料理が食べられると話題になったりしています」

ネットの効果はそうめんも同様。また、首都圏にアンテナショップが増えたことも缶詰ヒットの要因だといいますが、これもそうめんに当てはまります。

「「そうめん×缶詰」は最高のソリューション。缶詰博士に最強コンビを聞いてきた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!