0

私のへそくり体験談 夫にバレて“大幅目減り”した過去も

2018年8月10日 16時00分

タンスの奥のほうにしまわれていたり、書棚のハードカバーの本に挟まれていたりする、主婦の“へそくり”。今やそのヒミツのお金は従来のイメージの枠を超え、女性たちが“老後にもしものことがあっても困らないため”に築く一大資産に!

そんな、貯めることにいそしむようになった女性の“へそくり奮闘記”を紹介。題して、「実録・私が“こっそり&ガッツリ”貯めたワケ」。

【貯めるのに肝心なのは“心の余裕”】A子さん・38歳・へそくり額=100万円

貯め始めたへそくりが、100万円になったと喜ぶのは、パートで働くA子さん。

「毎日生活がカツカツ。長女が小学校に上がったので、やっとパートに出られるように。万が一のときのお金や教育費を貯めないといけないと思い、家計の無駄をずいぶんカットしました」(A子さん)

手が空いたときにはアンケートに答えて貯めたポイントを現金化。使わなくなったアクセサリーや洋服は全部フリマアプリ「メルカリ」で売る。A子さんはそうして得た副収入とパートの収入をすべて自身の銀行口座に入れている。

「本当は、緊急時の備えにもっと貯めておきたいのですが、あまり節約しすぎてギスギスしてもよくないので、娘と買い物に行ったときに日ごろのごほうびにとスイーツを食べたり、ワンランク上の化粧品を買ったりしています。自由に使えるお金を持っていると、なんだか心に余裕が出てきました」(A子さん)

【夫に発覚、へそくりは大幅に目減り】B子さん・54歳・へそくり額=700万円

専業主婦のB子さんは、夫(56)の給与口座から少しずつ貯金に回して、月数万円ずつへそくりをしてきた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「私のへそくり体験談 夫にバレて“大幅目減り”した過去も」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!