0

高温で一気に焼き上げるアラジンの「グラファイトトースター」は料理好きも大満足の万能トースターだった!

2018年8月10日 12時00分

 数あるトースターのなかでも、デザイン重視派におすすめなのがアラジンの「グラファイトトースター CAT-GS13A(G)」です。しかもこのトースター、デザインだけでなくおいしいトーストを焼くためのちょっとした工夫も施されています。

 さらに、トーストだけでなくオーブン感覚で使えるので料理にも大活躍。そんなマルチに使えるグラファイトトースターの魅力をお伝えしましょう。

レトロなデザインとカラーでキッチンのオシャレ度がアップ

 アラジンといえば、世界的に人気の高い石油ストーブ「ブルーフレーム」で有名なイギリス生まれのブランドです。ストーブもレトロなデザインが特徴的ですが、トースターにも同ブランドらしいデザインエッセンスが感じられます。

 一度に焼ける食パンの枚数は2枚。少人数の家庭ならこのモデル、大人数の家庭なら4枚焼きのグラファイト グリル&トースターを選ぶといいでしょう。

 操作性は至ってシンプルで、温度と時間のつまみを回すだけで加熱がスタートします。設定できる温度は100~280℃、消費電力は1250Wとなっています。

たった2分で焼ける秘密は「遠赤グラファイト」にアリ

 グラファイトトースターでトーストを焼く際、280℃なら2分から2分半で焼き上がります。すばやく焼き上がる秘密は、「遠赤グラファイト」を搭載している点にあるんです。

 遠赤グラファイトは株式会社千石の特許技術で、鉄の約10倍の熱伝導率を持つ素材でできています。

「高温で一気に焼き上げるアラジンの「グラファイトトースター」は料理好きも大満足の万能トースターだった!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!