0

【吉野家・松屋・すき家】注文すると損するメニュー3選

2018年8月12日 16時15分

 我々の生活において、牛丼チェーン店はもはや必要不可欠な存在。特に男性であれば、心に“推し牛丼チェーン”を持っているだろうし、なかにはほぼ毎日牛丼を食べている人もいるかもしれない。だが、牛丼チェーンを真剣に比較検討したことのある人は、意外と少ないのではないだろうか。
 
 8月2日付当サイト記事『【吉野家・松屋・すき家】食べるべき牛丼メニュー、厳選3品はこれだ!』では、牛丼チェーン御三家のレギュラーメニューを改めて食べ比べたうえで、「食べるべきメニュー」を紹介した。

 今回は、逆に「頼むと損する」メニューを取り上げたい。

●【吉野家の頼むと損するメニュー】:牛ねぎ玉丼/大盛650円

 コチュジャンを使ったタレの絡んだ青ネギをたっぷりと乗せ、そこに卵を落とした一杯。牛丼チェーンの王道をいく吉野家において、ほぼ唯一のトッピング牛丼メニューといえるのが、この牛ねぎ玉丼である。

 ただ、青ネギと卵を乗せた牛丼メニューは、他牛丼チェーン2社にも存在している。それぞれの値段を比較した場合、大盛と特盛に関しては吉野家だけ割高になっているのだ。とりわけ顕著なのが大盛で、吉野家のものが650円であるのに対して、すき家のものは610円と、実に40円も割高になってしまう。

 もちろん多少高くても、吉野家の牛ねぎ玉丼が一番ウマいと思う方も多いことだろう。しかし、そこまで3社の味の違いにこだわりを持っていない場合、あるいは値段を重視して選ぶ場合であれば、わざわざ吉野家で牛ねぎ玉丼を食べる必要はないといえる。

「【吉野家・松屋・すき家】注文すると損するメニュー3選」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!