0

栃木出身者が仰天した、東京の盆踊り風景

2018年8月15日 12時00分

 夏になると、各地で盆踊り大会が開催される。盆踊りとは死者を供養するという宗教的な起源があるとされるが、いまでは祭りとして人々に楽しみをもたらすイベントになった。そこで使われる楽曲もひとつではなく、各地で違いが見られる。

 

 筆者の地元、栃木県では『日光和楽踊り』が使われていた。日光東照宮や二荒山神社、華厳の滝など、日光の名所が歌われた民謡だ。町内会のお祭りでは、和太鼓や鉦鼓などの楽器で演奏され、それに合わせて櫓の周りで踊ったものである。盆踊りといえば、この日光和楽踊りが全国的に使われていると思っていたのだ。

 しかし上京後、近所で行われていた夏祭りをのぞいてみたら、『東京音頭』が使われていたのである。日光和楽踊りが一切使われないことはもちろんだが、東京音頭といえば東京ヤクルトスワローズの応援歌だと思っていた筆者は、カルチャーショックを受けたのだった。

 ■『きよしのズンドコ節』『無音盆踊り』も。

 これを機に、地方出身者に話を聞くと、それぞれの土地で使用される楽曲が異なることが判明。各地の民謡を使うところもあれば、『アラレちゃん音頭』のようなアニメソングを使う地方もあった。

 さらに最近では、歌謡曲やJ-POPまで盆踊りに使われているので驚きだ。現在、筆者が住む首都圏郊外の祭りでは、『きよしのズンドコ節』(氷川きよし)が流れていた。これに合わせて地元の人々が踊っているのだが、振り付けはどこで覚えるのだろうか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「栃木出身者が仰天した、東京の盆踊り風景」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!