0

「おいしいトウモロコシの見分け方」、知ってますか?

2018年8月18日 11時00分
さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。8月11日(土)放送のテーマは「トウモロコシ」。夏になると、焦げた醤油が香ばしい夏祭りのトウモロコシを思い出す方も多いのではないでしょうか? 今回は、子どもたちにも人気の夏の定番野菜「トウモロコシ」について、TOKYO FMの番組の中で、詳しい方に教えていただきました。
TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2018年8月11日(土)放送より)


「おいしいトウモロコシの見分け方」、知ってますか?



◆「おいしいトウモロコシの見分け方」
東京農業大学農学部農学科 野菜園芸学研究室 准教授 高畑健さん

── トウモロコシってどんな植物なんですか?

トウモロコシはイネ科に分類される植物です。お米やサトウキビ、タケノコの仲間ですね。そのトウモロコシは大きく2つに分けられます。ひとつはスイートコーンと呼ばれる、野菜として食べられるトウモロコシ。もうひとつが完熟させて粉にするフリントコーン。粉にしたトウモロコシはメキシコのトルティーヤを作ったり、動物の餌にしたりします。

トウモロコシの旬は5月下旬から7月くらいと言われています。種を蒔いてから収穫までは、スイートコーンであれば3ヵ月くらい。大きいものであれば高さ3mくらいまで成長します。それで防風ネットとして畑を囲うように植えられることもあります。

── 普通、植物って、おしべとめしべがあって実りますよね?

トウモロコシの場合は、てっぺんにススキの穂のような形の雄花があります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「おいしいトウモロコシの見分け方」、知ってますか?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!