0

20代でゼッタイ身に付けたい!お金の知恵

2018年9月12日 19時30分

■人生はゲームのように、リセットは何度もできない
よく、人生にはお金の貯めどきが3回あると言います。結婚して子どもが生まれるまでの期間、子どもの手が離れ、大学に進学するまでの期間、そして子どもが独立してリタイアするまでの期間の3回です。この期間を逃さずしっかり貯蓄をしておかないと、途中で住宅ローンの支払いが発生したり、子どもの進路によっては予想外の出費があったりと、貯められないどころか、出費がかさむ時期を乗り切ることができません。

また、昨今の晩婚化の影響で、出費がかさむ時期が重複してやってきたり、子どもの独立がリタイア直前というライフスタイルに変化してきています。リタイア後も子どもの教育費がかかったり、住宅ローンの返済が残っていて、退職金で残りのローンを返済したら、何も残らなかった、そんな50代、60代のケースが増加しています。こうなると、貯めどきがないまま、セカンドライフに突入する事態になり、頼るのは公的年金のみという生活です。

今、50代の人はリタイアまでの時間は限られていて、リカバリーするにも限界があります。しかし20代、30代であれば、これから先、20年、30年かけて着実にお金を貯められるチャンスはあるのです。

確かに、今は年収が右肩上がりになるのは期待できない時代ですが、だからと言って、20代から漠然と老後資金を心配するよりも、着実にコツコツとお金を貯める必要性を認識すべきなのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「20代でゼッタイ身に付けたい!お金の知恵」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!