1

対人ストレスの原因「苦手な人」「嫌いな人」をやりすごす2つの処方箋

2018年9月12日 19時00分

どんな人でも、「大嫌いな人」「許せない人」「苦手な人」がいるのではないか。
一緒に仕事をするのが嫌なのはもちろん、できれば話したくもない、というような。

残念ながら、その種の人と一緒に何かをしなければならないことは少なくない。そして、相手への嫌悪感や苦手意識で集中力をそがれるのはストレスが溜まることである。苦手な人、嫌いな人、許せない人とどうにか付き合っていく方法はあるのだろうか?

■嫌いな人・苦手な人には極力事務的に対すべし

解決法は、ひとことでいえば相手を「許す」ことだが、その境地に至るのは簡単ではない。ただ、少なくとも相手への悪感情に振り回されないようにすることは可能だ。

『「許す」という心をつくる ひとつだけの習慣』植西聰著、三栄書房刊)によると、嫌いな人や苦手な人と対する時、まず心がけるべきは「感情を交えないこと」だという。ひとたび相手に対しての感情が刺激されると、その悪感情を抑え込むのは難しい。どんなに性格が合わなくてもそのことへの感情はひとまず置いておき、事務的に対処することを心がけるべきなのだ。

また、「相手が変わってくれるはず」と期待するのも禁物。考えてみれば、自分の不快感が軽くなるように相手の性格や行動が変わるはずもない。変えるべきは、自分の付き合い方の方なのだ。

■「嫌いな人」への印象は、自分で変えられる!

より積極的な方法は、「嫌いな相手からでも学ぶことはある」と考えることだ。
私たちのほとんどは、好きな人や尊敬する人から学ぼうとするが、嫌いだからといって自分の学びになることがないわけではない。

「対人ストレスの原因「苦手な人」「嫌いな人」をやりすごす2つの処方箋」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    必要以上に関わらず、淡々とやるだけ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!