0

英会話を勉強するとTOEICのスコアも上がる?

2018年9月14日 17時00分

「英会話を勉強するとTOEICのスコアも上がる」ことはあるだろうのか(画像はイメージ)

[拡大写真]

 英語を勉強する目的は十人十色。海外旅行や外資系企業への就職に向けて英会話力を身に付けたいとか、より高いTOEICスコアを履歴書に書きたいなど、目的に合った教材やスクールも実に豊富だ。英会話もTOEICも同じ英語だが、「いずれかを勉強すれば一石二鳥でもう一方にも効果があるわけではない」という学習者の声を聞くことがある。今回は、「英会話を勉強するとTOEICのスコアも上がるのか?」について紐解いていこう。

■そもそもTOEICとは?

 TOEICテストとは、オフィスや日常で交わす英語のコミュニケーション能力を公平公正に、合否ではなくスコアで評価するテストのことで、世界約160ヶ国で実施されている。テストの種類は、「TOEIC Listening & Reading Test(TOEIC L&R)」「TOEIC Speaking & Writing Tests(TOEIC S&W)」「TOEIC Speaking Test」「TOEIC Writing Tests(団体のみ)」「TOEIC Bridge Test(初級・中級者向けのL&R)」の5種類が用意されている。

 最も受験者数が多く、一般的に知られるTOEICといえばTOEIC L&Rのことだ。TOEICスコアは、大学では単位認定や入試に、就職活動では履歴書に、会社に入ってからは昇格や昇進などの評価に使われている。TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会の調査『Worldwide Report 2017』によれば、TOEIC L&Rの受験目的として最も多かったのは「英語学習のため」で、次に「就職活動のため」「卒業に必要なため」と続いた。

「英会話を勉強するとTOEICのスコアも上がる?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!