<体操協会パワハラ>私からコーチを引き離すのは許さない! 宮川選手18歳の一途な戦いの本質

2018年9月15日 07時30分
両角敏明[元テレビプロデューサー]

* * *

8月18日、いかにも幼げな宮川紗江選手が18年の人生最大の勇気をふりしぼって記者会見に臨みました。用意したペーパーを見ながら必死に訴えたのは、暴力を問われた速見佑斗コーチの処分軽減でした。そして日本体操協会幹部・塚原夫妻によるパワハラを告発し、夫妻が権力をふるう協会の体制刷新まで求めました。
メディアは宮川擁護、塚原夫妻非難に驀進します。それは表現上のメディアスクラムのようで、いささかの宮川批判も許さない空気を世の中に醸成して行きます。

そんな中、衝撃的な映像を目にします。9月6日フジテレビ「バイキング」が放映した、速見コーチが15才の宮川選手を平手で殴る強烈な映像です。右手で一度、左手でもう一度、パチーン!と大きな音が響くまったく容赦のない殴打に、宮川選手は大きくよろめきます。それでもコーチの前にまた正立しようする、とても哀しい映像でもあります。この映像を視たショックから、あらためて宮川選手の会見を見直すと、宮川選手による二つの嘘と、一途な願いが浮き出て来ました。

会見で宮川選手は「7月15日の嘘」について自ら説明します。協会の塚原夫妻が宮川選手を呼んで速見コーチによる暴力があったかどうかを尋ねた時のことです。

 「その時は(暴力は)なかったと言いました。何人か目撃した人がいるという証言があるので、それでも認めないのですかと言われたので。