2

スベってしまったときの対処方法9パターン

2018年9月15日 08時00分

スベってしまったときの対処方法9パターン

[拡大写真]

自信満々で披露したトーク。しかし、予想を反して、スベったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなスベり上手な!?皆様のために、「スベってしまったときの対処法9パターン」を紹介いたします。

【1】「あ。スベった。」と状況解説する。

スベったことを受け入れ、状況を解説するパターンです。周囲の人も共感し、自然と笑ってもらえるかもしれません。

【2】「残念! ウケなかった。」と残念な気持ちを伝える。

周囲の人の同情を誘うパターンです。反省した表情を見せつけ、笑いを誘いましょう。

【3】スベってしまったにも関わらず、「スベりそうになった?」とボケる。

スベったことを認めず、ボケるパターンです。突っ込んでくれる仲間がいれば、場は和むでしょう。

【4】「やっちまったぁぁ!」と叫び、勢いでごまかす。

勢いでごまかし、場の空気を変えるパターンです。しかし、場合によっては、さらに寒い空気となるリスクがあるので、注意が必要でしょう。

【5】とりあえず、ひとりで笑う。

ひとりで笑い、その場を乗り切るパターンです。周囲の人が引いてしまうリスクがあります。

【6】「スベったので、ダメ出しをしてください。」とお願いする。

ダメ出しをお願いすることで、その場の空気を和ませるパターンです。ダメ出しをしてくれる人がいない場合、さらに空気は凍りつくので注意が必要です。

【7】「すみません。」と小さくつぶやき、謝る。

「ちょっとかわいそう。

「スベってしまったときの対処方法9パターン」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    「シーン、、、」と自分で言って泣きながら帰る。

    0
  • 匿名さん 通報

    いい加減に、オチを求める傾向がなくなればいいのにな。お笑い芸人に感化された奴が多すぎる。日常会話にオチなどいらんわ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!