0

【ポップな心霊論】「幽霊と自転車の2人乗りをしたうちの親父」

2018年9月16日 16時00分

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(27)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【幽霊と2人乗りした親父の体験】

僕より断然強い霊感を持つうちの親父。その能力が目覚めた30代前半のころ、ある恐ろしい体験をしたといいます。

当時親父は、坂の上にある友達の家によく通っていたのですが、その坂は左右を墓地に挟まれていたため、いつも回り道をするようにしていました。でもあるとき、道路工事の影響で、坂を通る以外の道がすべて通行止めになってしまっていて。

仕方なく、坂へ自転車を走らせた親父ですが、案の定、次から次へと幽霊に声をかけられて、生きた心地がしなかったそうです。しかも、やっと上りきれるかというところで、女の幽霊が自転車の後ろに乗ってきたんだとか。

怖くなった親父は、何を思ったのか、近くにあった電柱に自転車をこすりつけて、なんとか幽霊を払い落そうとしました。無我夢中だったそうですが、気が付くといつの間にか、幽霊は消えていたといいます。

それから数年がたったころ、偶然坂の近くを通りかかった親父。あの日の出来事を思い出して「もう二度とあんな怖い思いはしたくないな~」とつぶやくと、「まだいるよ」と後ろから女の人の声が聞こえたそうです。

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

「【ポップな心霊論】「幽霊と自転車の2人乗りをしたうちの親父」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!