0

カラシビ系汁なし担々麺の超人気店『四川担担麺 阿吽 浅草』でシビ旨を堪能してきた

2018年9月20日 12時00分

 ギラッと陽射しが照りつける暑い日に、熱々のスープはちょっと…。でも辛いものを、吹き出る汗を拭いながら思いっきり食べたい。そんな相反するワガママを叶えてくれる稀有なメニュー、それが汁なし担々麺です。

 近年、新店がいくつも登場し、しかもどこも実力派ぞろい。実はにわかに活気づいている汁なし担々麺界隈ですが、中でも人気、評価ともに都内屈指のお店が『四川担担麺 阿吽』。本店は東京・湯島にあるのですが、今回は浅草・田原町にある支店『四川担担麺 阿吽 浅草』に行ってきました!

 東京メトロ銀座線、田原町駅の出口からすぐ。徒歩にしてほんの十数秒のところにお店はあります。マンションの1階にあるお店は、ちょっと小洒落た雰囲気。開店の11時から15分程しか過ぎていなかったのに、お店の中にはすでに待っている人が4人も! カウンターのみ8席の小さなお店ですが、この人気っぷりに期待は高まります。

 まずは入ってすぐの券売機へ。メニュー構成はシンプル。基本は「つゆ無し」か「つゆあり(担担麺)」の2種類。それぞれ、ベーシックな白胡麻か、コクのある黒胡麻が選べます。基本はこの4種類で、あとは辛さによって押すボタンが変わってきます。

 こちらのお店では、辛さと痺れが選べます。担担麺のお店ではでよくあるスタイルです。辛さは0辛~5辛の6段階に加えて、超激辛の6辛(+100円)。痺れも同様に0~6まであり。券売機では0~3辛と4~5辛があり、5辛を食べたことのある人だけが6辛を選べます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「カラシビ系汁なし担々麺の超人気店『四川担担麺 阿吽 浅草』でシビ旨を堪能してきた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!