0

即席ラーメン生みの親・安藤百福 GHQに逮捕されていた歴史も

2018年9月22日 11時00分

10月から始まるNHK連続テレビ小説『まんぷく』。そのモデルは、即席ラーメンの生みの親・安藤百福さん夫婦。死去の際、ニューヨーク・タイムズが社説で「人間の進歩の殿堂に不滅の地位を占めた」と追悼した故・安藤百福さん。老若男女に愛される即席ラーメンに懸けた人生とは――。

安藤百福は1910年生まれ。両親を幼少期に亡くし、祖父母に育てられる。義務教育終了後の14歳からは、祖父が経営する繊維問屋の仕事を手伝い、商売をイチから学ぶ。22歳のときに独立し、日本から繊維製品を仕入れて台湾で販売する事業を立ち上げると、大成功。活動の場を日本に移し、大阪市でメリヤス問屋を始めて、事業を拡大していく。

1941年、太平洋戦争が始まる。百福は軍需工場の資材を横流ししているとあらぬ嫌疑をかけられ、憲兵から拷問を受けたこともあった。しかし、悪いことばかりは続かない。1945年、35歳のときには、神主を務める名家出身の仁子さんに一目ぼれをして、結婚する。

兵庫県に疎開していた百福夫妻は、終戦後の1946年、大阪に戻る。しかし、当時の大阪は空襲で家を焼かれ、家族を亡くし、路頭に迷う人たちであふれかえっていた。百福はそんな困窮した人々を救うべく、戦災で家を失った人のためのバラック住宅製造や交通技術者養成のための学校経営、病人用栄養食品の開発など、数多くの事業を営む。

このころには関西で実業家として名をはせていた百福に、危機が訪れる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「即席ラーメン生みの親・安藤百福 GHQに逮捕されていた歴史も」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!