0

「スーパーひたち」をリニューアル 「伊豆クレイル」が女性をターゲットにする理由

2018年9月23日 07時00分

 小田原駅のプラットホームで観光列車「伊豆クレイル」を待ち構えていたら、小田原城の下あたりからひょっこりと現れた。



■景色のよい区間で徐行や停車サービスがある

 レールと架線が張り巡らされて殺風景な駅構内で、白地にピンクの車体は「掃き溜めに鶴」という感じ。いや、掃き溜めとは失礼だ。私は駅構内の、ごちゃっとした風景が好きだ。しかも「伊豆クレイル」の優美な姿が際立つ。


 伊豆クレイルはJR東日本が2016年から運行している観光列車だ。土日と祝日に小田原~伊豆急下田間を1往復する。景色のよい区間で徐行や停車サービスがあるため、所要時間は約2時間半だ。


 もっと長く乗っていたいと思うけれども、東京発にしなかった理由は3つあるという。「より景色の良い区間だけを走らせる」「国府津の車両基地で整備する」「東海道新幹線に接続して、東海・近畿からのお客様にも乗っていただきたい」だ。小田急電鉄沿線の人々や、箱根登山鉄道からの観光客も視野に入れているかも。


■駅ではないところに停まるサービス

 たしかに、東海道本線の小田原から西側の景色は良い。隣の早川駅を通過し、根府川駅付近は海に面した高台を走る。初日の出の名所としても有名だし、東京行きの寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」に乗るとこの辺りで朝日の洗礼を受ける。海に反射した太陽のきらめきがまぶしい。下り「伊豆クレイル」は小田原駅を11時40分に発車して、この辺りで徐行運転してくれる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「スーパーひたち」をリニューアル 「伊豆クレイル」が女性をターゲットにする理由」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!