2

「感情的に怒る親」から脱出する、たった1つの方法

2018年9月24日 18時15分

■分かっているけど、ついつい感情的に怒ってしまう
子どもにぐずられたり反抗されたりしたときに、感情的になりたくないと心では思っていても、その場になると、大失敗! 子供相手にこんなに感情的になってしまって、と自己嫌悪に陥る方も多いでしょう。

そこで、日ごろの子育てで感情的にリアクションしてしまうことが多く、子供のイヤイヤやぐずり対策が取れずに困っているママに、おすすめの方法をご紹介していきます。

■「やられたらやり返せ」だと負のスパイラルへ
お子さんからのイヤイヤ、どう受け止めていますか?

相手が子供であっても、負の感情を投げられたら、やっぱり気持ちが揺れてしまいがち。頭では分かっていても、子供にイヤイヤされると、ムカッ、イラっとしてしまう……よくありますよね。

でも、「あっちがそう出るなら、こっちも!」と同じ土俵で相撲をとってしまうと、あっという間に泥沼に。子供のイヤイヤにイライラして、つい怒鳴ってしまったら、もっと面倒なことになってしまった! こんな経験、これまでにあるのではないでしょうか?

なぜ頭では感情的になるべきではないと分かっていながら、その場になると反撃してしまうのか……?

人間は、自分を脅かす対象には、「闘争・逃走反応」が働くことがあります。いざというとき、戦うか、逃げるか、という人間の本能的な防御システムのようなもので、それゆえ相手に食らいついてしまう……。「やられたら、やり返せ」の心理です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「感情的に怒る親」から脱出する、たった1つの方法」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    20:36嘘ばっか。

    2
  • 匿名さん 通報

    これと学力って結構関係あるよね。理数系高学歴者がヒステリックに怒鳴るのはあまり見かけない

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!